目の下のくぼみにはEMS美顔器がおすすめ!正しい使い方や注意点

 

目元は、顔の中でも特に年齢への印象が大きく変わる個所です。
そんな大切な目元は、加齢とともにくぼんでくるという性質があり、また、皮膚が薄いことにより、しわが目立ちやすく、早くから老化を感じさせる原因になることがあります。
それならば、若々しいハリのあるふっくらした目元を手に入れたいですよね。
そんなお悩みを解決する方法で効果的なのが、EMS美顔器を使ったケアです。

 

目の下のくぼみに効果的な美顔器の機能~EMSの特徴~

 

EMSとは、Electrical Muscle Stimulation の略省です。
低周波の電気刺激を利用して筋肉を動かすことで、怪我のリハビリテーションをしたり、スポーツトレーニングをしたりと、様々なシーンに活用されているこのEMS技術を美容に応用したのが、EMS美顔器と言われるものです。

 

顔の筋肉も、身体と同じように、加齢により衰えていきます。
筋肉が衰えると必然的に顔全体がたるんでしまいますし、お肌の土台にもなる筋肉のたるみは皮膚そのものにも影響してしまいます。

 

そこで筋肉の衰えやたるみ解消に効果を期待できるのがEMS美顔器。
電気の力で筋肉を動かしてくれるので、つらいトレーニングなども必要なく、マッサージ効果があり気持ちが良いので、楽しく続けることが出来ます。

 

また、EMS美顔器は、皮膚にあてて使用するものではありますが、直接筋肉に電気刺激が届いて筋肉を収縮させるので、皮膚をいためる心配はありません。
さらに、EMS美顔器は顔専用の機器なので、トレーニングなどで身体に使うものに比べ、過度な刺激が無いように調整されています。

 

電気刺激を深層筋肉に届けることができれば、コラーゲンの生成をつかさどる繊維芽細胞を活性化させ、ハリと潤いのあるお肌を目指すこともできます。

 

EMS美顔器の正しい使い方

 

さてここで、老化した目元の印象を与えてしまう大きな原因の一つである、目の下のくぼみに注目してみましょう。

 

目の下のくぼみの正体は何でしょうか。
実は、皮膚の下にある「筋肉」の衰えが、目の下のくぼみの原因なのです。
筋肉が衰えると皮膚は垂れ下がって来ます、この時、皮膚の薄い目元の場合、垂れるだけでなくてへこんだような状態になってしまうのです。

 

筋肉の衰えが、目の下に現れると、くぼみにつながってしまう理由がわかりましたよね。
この、目の下のくぼみに対して考えられる効果的な対策として、目元の筋肉強化があります。

 

 

では、目元に関係する筋肉には何があるのでしょうか?
最も直接的に関係するのは「眼輪筋(がんりんきん)」と言ってちょうど目の周りをぐるっと丸く覆っている筋肉です。
まぶたを開けたり閉めたりするのが、主な役割です。

 

眼輪筋の衰えの原因としては、老化はもちろんですが、スマートフォンやパソコンの長時間利用で、瞬きの回数が減ったりする現代の生活そのものも、挙げることが出来ます。

 

眼輪筋と合わせて目元に関係する筋肉は「前頭筋(ぜんとうきん)」です。
前頭筋とは、眉毛の上からおでこに向かって、縦に走っている筋肉のことです。
つまり、場所で言えばおでこですね。

 

眉毛を上に持ち上げる役割があり、眼輪筋とも繋がっています。
前頭筋が眼輪筋を引っ張るので、前頭筋が活発に動くとそれにつられて眼輪筋も動きが良くなります。

 

ここまで理解できたら、後は、目の周りの筋肉をEMS美顔器で上手に刺激してあげれば、憧れの若々しい目元に、近づきそうですね。
そこで、それぞれの美顔器により、使い方は多少違いますが、大体の使い方のイメージをお話します。

 

洗顔しジェルをつける

まず洗顔で肌を清潔に保ち、更に基礎化粧品で肌を整えます。
次に、顔にジェルを付けます。
この時使うジェルは、電流を流しやすくするEMS美顔器専用のものが良いでしょう。

 

EMS美顔器は、主に、手で持つタイプと手にはめて使うグローブタイプの二つがあります。
グローブタイプの機器の場合、ここでグローブを水に濡らします。

 

眼輪筋や前頭筋にあてる

ヘッドまたはグローブを、眼輪筋や前頭筋をめがけて、肌に密着させます。
この後は、リラックスするだけです。

 

使用頻度や使用時間は、それぞれの機器で違ってきます。
毎日5~10分程度、週に2~3回、など少し開きがあるので、説明書できちんと確認して、適切な時間と頻度で使うようにしましょう。

 

EMS美顔器の使用上の注意点は?

 

EMS美顔器を効果的に使うには、いくつかの注意点があります。

 

強さ

まず始めに注意したいのは、電気刺激の強さです。
筋肉が緊張してしまう程強い刺激は逆効果です。
刺激の強度を上手に調整できないと、筋肉疲労やこわばり、また、たるみの原因になってしまうことがあるのです。
自分の筋肉に合った強さに調整した上での使うことが、とても大切です。

 

皮膚が柔らかくなっている時に使う

また、EMS美顔器を利用するタイミングは、例えばお風呂あがりなどの皮膚が柔らかくなっている時が適しています。
その他のタイミングで行う場合は、お肌を清潔にし、基礎化粧などで整えてから使うことで、お肌のダメージを防ぐことができます。

 

また、マッサージの時間やタイミングについては、先程説明した通り、説明書での確認が必要です。

 

使いすぎない

どの機器を使う上でも共通して言えるのは、効果を期待するあまり、長い時間使いすぎないようにするということです。
強制的に高い強度で長い時間筋トレを行っている様な状態になってしまうからです。

 

適度な強さと時間で、適切な刺激を顔の筋肉に与え、その筋肉を休ませて回復させることにより、筋肉を鍛えながらリフトアップや引き締め効果を高めていく、という意識が大切です。

 

目の下のくぼみに効果的な美顔器専用ジェルの配合成分

EMS美顔器の微弱電流を肌に伝えやすくするための「美顔器専用ジェル」は、電流を伝えやすくするだけでなく、配合されている美容成分により、お肌への相乗効果を発揮します。

 

目の下のくぼみにも効果を発揮する成分は、うるおいやハリを与えるコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、エイジングケア成分の、プラセンタ、トラネキサム酸、コエンザイムQ10、などです。
これらの成分がバランス良く配合されているもので、自分のお肌に合うものを上手に選ぶことで、EMS美顔器の効果をさらに高める事ができます。

 

まとめ

 

EMS美顔器を使って目元のくぼみを解消することで、若々しい顔の印象を保つことが出来そうな気がしてきませんか?

 

EMS美顔器には、電流の強度調節機能の有る無しや、イオン導入など皮膚への機能が併用されているものなど、値段や形状や使い方により、いくつかのタイプがあります。

 

自分に合ったものを選び、効果的に使い、そして使い終わったときのお肌の張り、顔のリフトアップ効果、目元の印象の違い、ワクワク感を実感しながら楽しくケアを続けていきましょう。

関連ページ

美顔器の正しい動かし方や効果的な時間帯【初心者さん必見】
美顔器は正しく使用しないとシミやシワ・たるみの原因となります。そんなことにならないように、正しい動かし方・効果的な使い方・肌の悩み別におすすめの美顔器を紹介します。
顔のたるみにおすすめの美顔器機能と正しい選び方★
美顔器にはそれぞれ機能が異なり、効果も違います。今回は、特にたるみを気にしている方に知っていただきたい美顔器機能と、おすすめの美顔器をご紹介していきます。
美顔器でバストアップってマジ?!おすすめタイプを厳選紹介!
美顔器は顔にしか使えないわけではありません。何とバストアップにも使えるのです。バストアップケアに最適な美顔器の種類や、一番効果を発揮する使い方、逆効果にならないための注意点などについてまとめました。
美顔器でニキビ肌を徹底改善!おすすめの機能や適切な使用頻度は?
自宅で誰でも簡単にサロンレベルのケアが出来るということで人気の美顔器。実はニキビ肌の改善に非常に効果があるという事をご存じですか?今回は美顔器のおすすめ機能や適切な使用頻度などについて詳しくお話しさせていただきます!
妊婦さんが使える美顔器はある?妊娠中のフェイスケアについて徹底解説!
美顔器の中には妊娠中の使用は控えるように注意書きがされているものもあります。と言っても全く美顔器が使えないわけではありません。そこで妊婦さんはどの美顔器なら使えるのか、また美顔器を使う頻度はどの程度にすれば良いのか調べてみました。

このページの先頭へ戻る