初心者さん必見!美顔器の正しい動かし方や効果的な時間帯について

 

美顔器は正しく使用しないとシミやシワ・たるみの原因となります。

 

美顔器を使ってもイマイチ効果が感じられないという方は使い方が間違っている可能性があります。綺麗になるために使っている美顔器で老けてしまったら本末転倒。
そんなことにならないように、正しい動かし方・効果的な使い方・肌の悩み別におすすめの美顔器を紹介しています。

 

 

美顔器の正しい動かし方について

美顔器は正しく使用しないと効果が半減し、肌トラブルの原因となってしまいます。

 

美顔器は、顔の『下から上』『内側から外側』へシワを伸ばすようなイメージでやさしく動かすのが基本です!

 

  • 顎から耳、口周りのほうれい線から耳、眉から髪の生え際へ下から上へ動かすことで顔全体のリフトアップ効果が期待出来ます。
  • 目頭から目尻へ内側から外側へ動かすと血行がよくなり、目の下のクマや小じわを改善することが出来ます。

 

美顔器を往復させるのは絶対ダメ!

 

下から上⇒上から下、内側から外側⇒外側から内側のように美顔器を往復させると、シワやたるみがさらに悪化してしまうので注意してください。
美顔器は、必ず下から上、内側から外側の一方通行で動かして下さい!

 

【こんな美顔器の動かし方はNG!】1.力をいれすぎている

美顔器を使う時、ついつい力が入ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

皮膚の厚さは2mmほどで、目の下は更にその半分の薄さと言われています。
薄い肌に強く美顔器を押し当てると、その力が負担になり、シミやシワ・たるみの原因になります。

 

美顔器の口コミの中に、使い始めてからシワが増えた・肌がたるんでしまった!という内容をよく見かけますが、力を入れず正しくマッサージすることで改善することが出来ます!
美顔器は、肌の上を優しく滑らすように下から上、内側から外側へと動かして下さい。
また同じ場所に美顔器を長時間当てる・動かすことも肌を傷める原因となるので注意して下さい。

 

【こんな美顔器の動かし方はNG!】2.乾燥した状態の肌に使用

乾燥した状態の肌でもスチーム美顔器であれば問題なく使うことが出来ます。
しかし、超音波美顔器やローラー美顔器を使用すると、摩擦で肌が刺激され、シミやシワ・たるみの原因になります。

 

美顔器は、お風呂上がりやホットタオル後など、肌に潤いがある状態の時に使用して下さい。
日焼け直後の肌など、乾燥が特に酷い肌には美顔器の使用は控えるようにしてください。

 

美顔器を使うなら朝or夜?効果的な時間帯はいつ?

美顔器を使うのは朝メイク前?それともお風呂上がりの夜?と疑問に思う方が多いと思います。
肌は夜眠っている間に再生されるので、美顔器は夜に使用するのが効果的です!

 

効率よく肌を改善するには、寝る1時間前に入浴⇒入浴後すぐに美顔器でお手入れ⇒22時~2時に寝ることが理想的です。
この4時間は、肌の再生を促す成長ホルモンが最も分泌される時間帯なのでなるべく睡眠をとるように心掛けてください。

 

肌トラブル別★おすすめの美顔器の種類について

肌トラブルの解消に美顔器を使用する場合は、ただ闇雲に美顔器を使ってみるのではなく、肌トラブルに合った美顔器を選ぶことが重要になります!

 

シミにおすすめの美顔器

まずシミのケアは普段からしっかり紫外線対策をすることが大前提です!
シミを消す・薄くするにはメラニンの生成を押さえ、ターンオーバーを促す必要があります。

 

本格的にシミを消したいと考える方はレーザー美顔器がおすすめ!

少し前までレーザー美顔器は、医療機関のみの取り扱いでしたが、2013年からレーザーの出力レベルをおさえ、家庭でも安全に使用出来るレーザー美顔器が発売されるようになりました。
レーザー美顔器はシミ・ソバカス以外に小じわや肌荒れなどにも効果を発揮します。


シミを薄くするのが目的であれば、イオン導入機能付超音波美顔器がおすすめ!

イオン導入機能がある美顔器は、毛穴の奥の汚れを弾き出し、美白に有効な美容成分を肌の真皮まで届けてくれます。
そして超音波美顔器の細かい振動がターンオーバーを促進し、シミの改善に効果的に働きます。


シワ・たるみにおすすめの美顔器

シワやたるみは表情筋がよく動く目周りや口周りから出てきます。
年々深くなるので、なるべく早めにお手入れを始めることが大切です。
シワやたるみのお手入れには超音波美顔器やローラー美顔器がおすすめです。

 

超音波美顔器には、肌内部の細胞まで美容成分を浸透させる働きがあります。
そして超音波美顔器の振動がターンオーバーを促進し、顔のシワやたるみを改善します。

 

ローラー美顔器には、肌を引き締める効果があります。
ローラー美顔器でマッサージすると、表情筋が動き、リンパの流れや代謝・ターンオーバーが促進され、シワ・たるみが改善されます。
特にほうれい線の改善に効果を発揮します。

 

乾燥・敏感肌におすすめの美顔器

乾燥・敏感肌の方は刺激に弱く、美顔器を使用すると肌トラブルが起こる場合があります。
しかし、スチーム美顔器は、直接肌に当てるタイプの美顔器とは違い、水(蒸気)を当てるだけで肌の汚れを取り除き、保湿することが出来るので乾燥・敏感肌の方も比較的問題なく使うことが出来ます。
スチームで肌を温め、毛穴を開くとスキンケアの浸透力がよくなり、乾燥肌を改善することが出来ます。肌の乾燥を改善することは敏感肌の改善にも繋がります。

 

ニキビにおすすめの美顔器

ニキビケアにはイオン導入機能付の超音波美顔器がおすすめです。

 

イオン導入機能には、クレンジング・洗顔で落としきれなかった毛穴の汚れを弾き出し、ニキビの改善に有効なビタミンC誘導体(抗炎症作用・皮脂分泌抑制作用)を肌の奥深くまで浸透させニキビを沈静化する働きがあります。
そして超音波美顔器で振動を与えることでターンオーバーが促進され効率よくニキビを改善することが出来ます。

 

同じニキビの悩みでも、ニキビ跡の凹凸には、レーザー美顔器がおすすめです。
美容外科でもニキビ跡の治療にはレーザー治療が推奨されています。
レーザーで皮膚に小さな穴を開け、熱エネルギーを与えて自然治癒力を高めて肌を再生させるのがレーザー美顔器です。
少し痛みは伴いますが、美容外科と変わらない効果・即効性を期待することが出来ます。

 

まとめ

エステや美容クリニックでも1回の施術では効果を実感することは出来ません。
美顔器も同じで、継続して使うことで効果を実感し、維持することが出来ます。
口コミが多い・高評価の美顔器が必ずしも効果が高いというわけではありません。
肌の状態に合わせて美顔器を選ぶことが美しい肌を手に入れる近道になります。

関連ページ

顔のたるみにおすすめの美顔器機能と正しい選び方★
美顔器にはそれぞれ機能が異なり、効果も違います。今回は、特にたるみを気にしている方に知っていただきたい美顔器機能と、おすすめの美顔器をご紹介していきます。
美顔器でバストアップってマジ?!おすすめタイプを厳選紹介!
美顔器は顔にしか使えないわけではありません。何とバストアップにも使えるのです。バストアップケアに最適な美顔器の種類や、一番効果を発揮する使い方、逆効果にならないための注意点などについてまとめました。
美顔器でニキビ肌を徹底改善!おすすめの機能や適切な使用頻度は?
自宅で誰でも簡単にサロンレベルのケアが出来るということで人気の美顔器。実はニキビ肌の改善に非常に効果があるという事をご存じですか?今回は美顔器のおすすめ機能や適切な使用頻度などについて詳しくお話しさせていただきます!
妊婦さんが使える美顔器はある?妊娠中のフェイスケアについて徹底解説!
美顔器の中には妊娠中の使用は控えるように注意書きがされているものもあります。と言っても全く美顔器が使えないわけではありません。そこで妊婦さんはどの美顔器なら使えるのか、また美顔器を使う頻度はどの程度にすれば良いのか調べてみました。
目の下のくぼみにはEMS美顔器がおすすめ!正しい使い方や注意点
気になる目の下のくぼみ。そんなお悩みを解決する方法で効果的なのがEMS美顔器を使ったケアです。

このページの先頭へ戻る